男の人

旅行中の通信回線はレンタル|タイのwifiを利用しましょう

申込みから通話できるまで

携帯電話

希望をはっきりと伝えよう

最初に、中古の電話加入権を販売している業者に電話またはメールなどで申込みを行います。業者のなかにはホームページに申込み専用のフォームを設置している会社もあるので、これを利用してもよいでしょう。申込みにあたっては回線の数やいつまでに電話を使用できるようにしたいか、希望する電話番号なども一緒に伝えるようにしましょう。特に、回線が開通して電話が使用できるようになる日時については、明確に日時を伝えておくことが大切です。なお、個人が電話加入権を申込む場所は運転免許証などの身分証、法人が申込む場合は会社の登記簿謄本が必要になります。電話加入権の申込みを行うと、最短でその日のうち、遅くても1営業日から2営業日までには、業者から折り返し連絡がくるはずです。このときに、いくつかの候補の中から電話番号を選ぶことできます。電話番号が決定したら、電話回線工事を行う日程の調整が必要です。電話を使う場所に、すでに回線がある場所には、局内工事だけですむため、工事の時間も短くなり、立ち会う必要もありません。電話回線がない場合は、その場所を訪問して工事を行うため、いつ工事を行うかなどの日程を決める必要があります。工事が終われば、すぐに電話が使えるようになります。申込みから通話できるようになるまでに要する期間は、2営業日から1週間というのが目安となります。開業やオフィスの移転などで大量の電話加入権が必要になった場合には、さらに時間がかかる可能性があります。期限に余裕をもって申込むようにしましょう。